役に立たない英語学習blog awareness without action will be useless

分詞構文の基本【例文と一緒にわかりやすく解説】

文法

分詞構文ってどんなもの?
どうやって使うの?
最低限知っておくべき基本的なことを知りたい。

今回はこんな疑問に答えます。

そもそも分詞構文とは?といったことから、最低限押さえておくべき基本的な使い方まで押さえています。

分詞構文の基本

以下の順で解説していきます。

目次

  • 1. そもそも分詞構文とは?
  • 2. 分詞構文の働き
  • 3. 分詞構文の意味・ニュアンス
  • 4. 分詞構文の品詞
  • 5. 分詞構文が来る位置
  • 6. -ingか?-edか?の使い分け
  • 7. 分詞構文の否定形

では順番に見て行きましょう。

1. そもそも分詞構文とは?

まずは用語の説明です。

「分詞構文」の意味

  • 分詞 → -ing(現在分詞)・-ed(過去分詞)
  • 構文 → それ自体で1つの事柄を表せるもの

つまり、分詞構文とは「-ingもしくは-edでつくられる、それだけで1つの事柄を表せる表現」のことです。

具体例で見てみましょう。

Running in the park, I came across my old friend.
(公園を走ってて、私は旧友に偶然会いました。)

Running in the park の部分が分詞構文です。

別に主語があるわけではなく、文の形をとっているわけでもありません。
ですが、この-ingのかたまりだけで、とりあえず「公園を走っていることだな」ということは分かります。

このように、あくまで分詞-ingだけで1つの構文が成り立っています。
これが「分詞構文」の意味です。

2. 分詞構文の働き

主節の出来事に対し「それがどんな状況と並行して起きたことなのか」説明を加えることができます。

先ほどの例文で見てみましょう。

Running in the park, I came across my old friend.
(公園を走ってて、私は旧友に偶然会いました。)

この1文の核は、「私が旧友に偶然会った」という主節の部分です。
その出来事が、「公園内を走っている」という事態と並行して起きたことを、分詞構文を使って説明を加えています。

以下も同様です。

Followed by someone, the woman was nervous.
(誰かにつけられて、その女性はびくびくしていた。)

主節の「女性がびくびくしていた」という出来事が、「誰かにつけられる」という状況と並行して起きたことを表します。

3. 分詞構文の意味・ニュアンス

大きく、以下の用法と訳し分けが可能です。

用法別:日本語への訳し方

  • 時「〜とき」
  • 理由「〜ので」
  • 条件「〜ならば」
  • 譲歩「〜だが」
  • 付帯状況「〜しながら、そして〜する」

上記の通りです。

※ただし、これらを暗記 & 厳密に訳し分けしなくてOK

ここで間違わないようにしたいのは、分詞の-ingや-ed自体に、「時を表すwhen」や「理由を表すbecause」などの意味が含まれているわけでない、ということです。

whenやbecauseといった接続詞は、「時」や「理由」といった主節との論理関係をクリアに示してくれます。

ですが、そのような接続詞を使うことなく、主節の出来事がどんなことと並列的に起きていたのか、手短に追加説明を加えてしまおうというのが分詞構文です。

時か?理由か?条件か?などといった判断は、

文脈によって常識的に決まるのであって、むしろ曖昧性が残るところに分詞構文の特徴があるといえます。

(田中, 2013, p. 261)

そのため、どの用法か1つに確定させること自体、不可能なことも多いです。

日本語にしないと意味が取りずらい場合は、「〜て」「〜で」などで自然に繋いでいくようにしましょう。

4. 分詞構文の品詞 → 副詞として使います。

ここまで見て来たように、分詞構文は「主節の文」に対して説明をつけ加えます。つまり「文を修飾」します。

一方、英語で何かを修飾できる品詞は「形容詞」か「副詞」の2つがあり、それぞれ修飾する相手は以下の通りです。

  • 形容詞 → 名詞
  • 副詞 → 名詞以外のあらゆるもの(動詞、形容詞、副詞、 etc.)

このことから、分詞構文は文中で「副詞」の役割をしていると言えます。

また、-ingや-edの分詞が副詞として使われることから、「分詞の副詞的用法」などと称されることもあります。

5. 分詞構文が来る位置 → 文頭・文中・文末の3パターンがあります。

文頭の例

Running in the park, I came across my old friend.
(公園を走ってて、私は旧友に偶然会いました。)
Being very angry, she didn’t talk to him at all.
(とても怒ってて、彼女は彼とまったく話さなかった。)

文中の例(挿入)

主節の文の中で、挿入的に分詞構文が使われることもあります。

The dog, barking aloud, was waiting for its master.
(その犬は、大声で吠えて、主人の帰りを待っていた。)
All the students, surprised at the news, got quiet suddenly.
(全員の生徒は、その知らせに驚いて、突然静かになった。)

文末の例

He often drives talking by phone.
(電話で話しながら、彼はよく運転する。)

*上記の日本語訳では、talking〜の部分から書いてますが、実際理解するときは英語の語順通り、主節「彼はよく運転する」→ 追加説明「電話で話して」という順で理解すればOKです。

The police went to the house finding nobody there.
(警察はその家に行き、そこには誰もいなかった。)

6. -ingか?-edか?の使い分け

どちらになるかは、主節のSとの関係で決まります。
例えば、以下の例文で考えてみましょう。

Seeing と Seenどっちが入る?

1.(  )the picture, she said it is very beautiful.
2.(  )closely, the picture looks very beautiful.

どちらか入りましたか?



以下、解答です。

1.の正解 → Seeing

今回、主節のSはshe「彼女」です。

そのSの視点で、(  )の中の行為が能動的に「やる」ものなのか、受動的に「される」ものなのかを考えるようにしましょう。

今回は、sheが絵を「見る」側なので、能動的な意味合いを表すSeeingが入ります。

1. Seeing the picture, she said it is very beautiful.
(絵を見て、彼女はそれがとても美しいと言った。)

2.の正解 → Seen

主節のSは、the pictureです。

同様に「絵の視点」から考えるようにしましょう。
the pictureは「見る」のではなく「見られる」側なので、受け身を表す過去分詞が入ります。

2. Seen closely, the picture looks very beautiful.
(近くで見ると、その絵はとても美しく見える。)

*直訳だと「近くで見られると、その絵はとても美しく見える。」となります。

もう1つ考えてみましょう。

All the students, surprised at the news, got quiet suddenly.
(全員の生徒は、その知らせに驚いて、突然静かになった。)

なぜここは-edが入るのでしょうか?

今回、主節のSはall the studentsです。
元々surpriseという単語は、「surprise 〜 = 〜を驚かせる」という動詞です。
all the studentsは、「驚かせる」側ではなく「驚かせられる」方です。
そのため、受け身のsurprisedが入ります。

以上のように、Sが能動(やる)のか受動(やられる)のかで判断するようにしましょう。

7. 分詞構文の否定形

シンプルに分詞の前にnotをおくことで、否定の意を表すことができます。

Not having the ID card, I was not able to enter the building.
(IDカードを持ってなくて、私はその建物に入れなかった。)
Not knowing her feeling, he kept talking.
(彼女の感情を知らないで、彼はしゃべり続けた。)

以上です!

おわり


ーーー
【参考文献】
田中茂範. 2013. 『愛蔵版 表現英文法』 東京:コスモピア.