役に立たない英語学習blog awareness without action will be useless

ingの使い方を網羅【押えておきたい6つの用法】

文法

ingっていろんな使われ方があるなぁ..
これを機に、どんな用法や種類があるかを整理しておきたい。
網羅的なまとめがあると嬉しい。

今回はこんな疑問をお持ちの方向けです。

よく出て来るingについて、どんな種類の用法があるかをしっかり整理し、正確に意味を理解したり、自分で文を作れるようにしていきましょう。

ingの使い方を網羅【押えておきたい6つの用法】

ingの用法は以下の6種類に集約できます。

  • ①:進行形のing
  • ②:名詞を修飾するing
  • ③:SVOCのCに来てOを説明するing
  • ④:主節の文全体を修飾するing
  • ⑤:自身が名詞の役割をするing
  • ⑥:完全に名詞の単語となったing

順番に見て行きましょう。

①:進行形のing

英語の授業が始まった初期に習う、お馴染みの形です。
be 動詞の後ろに置いて、ある時点で、Sがその動作の最中であることを表現します。

以下、例文です。

<現在進行形>
He is playing base ball in the park now.
(彼は、今公園で野球をしています。)
<過去進行形>
I was meeting with him 3 p.m. yesterday.
(私は、昨日の午後3時に彼と会っていました。)

②:名詞を修飾するing

名詞の直前もしくは直後に置いて、その名詞を修飾(どんな名詞かをくわしく説明)するingです。
なので品詞的には、形容詞的な役割をするingと言えます。

前から名詞を修飾する例

It was a surprising news.
(それは驚きのニュースだった。)
Tiring work is not popular but good for health.
(疲れる仕事は人気はないが、健康にいい。)

↑ingが、news、workという名詞を前から修飾しています。

後ろから名詞を修飾する例

Look at the plane frying over there!
(あそこを飛んでいる飛行機を見て!)
That man wearing a hat is my father.
(あのハットをかぶっている男性が、私の父です。)

↑ingが、plane、manという名詞を後ろから修飾しています。

③:SVOCのCに来てOを説明するing

SVOC(第5文型)が表す意味は、

【OがCである or OがCする】のをVする

です。

ingはこのCの位置に来ることができ、直前のOに対して「それがどんな状態か or 何をしているのか」といった説明を加えることができます。

例えば以下です。

She kept me waiting for a long time.
(彼女は、長い間私を待たせたままにした。)
S → She
V → kept
O → me
C → waiting

me(O)に対しwaiting(C)が説明しています。
文全体では「meがwaitingしている状態をkeptした」という内容を表します。

I saw him talking with the woman.
(私は、彼がその女性と話しているのを見た。)
S → I
V → saw
O → him
C → talking

him(O)に対しtalking(C)が説明しています。
文全体では「himがtalkingしている状態をsawした」という内容を表します。

なお、SVOCについて理解が不安な方や、より詳しく知りたい方は以下も合わせて参考ください。
» 参考:第5文型(SVOC):基本的な特徴〜覚え方もわかりやすく解説

④:主節の文全体を修飾するing

主節の文全体に対し、ingで説明を付け加えることもできます。
文法的には「分詞構文」と呼ばれる用法です。

例えば以下です。

I lost my purse walking in the park.
(公園で歩いてて、私は財布をなくした。)

ここで注意すべきは、②の用法のようにingが直前の名詞(purse)を修飾している訳ではないということです。
walking以下が修飾しているのは、「I lost my purse」に対してです。
(この意味でingは副詞の役割をしていると言えます)

このように、主節の出来事に対して「それがどんな出来事と並列で起きたか」をingで説明することができます。

もう1つ例を見て見ましょう。

Knowing the truth, she told a lie.
(本当のことを知ってて、彼女は嘘をついた。)

主節「she told him a lie」に対して、どんな出来事と並列に起きたことなのか「Knowing〜,」で説明を加えています。

このようにingが主節の前に来ることもあります。

参考:分詞構文について詳しくはこちらをどうぞ。

⑤:自身が名詞の役割をするing

ある動詞がing化して、「〜すること」という名詞の役割をする用法です。
「動名詞」と呼ばれます。

なお、文中で名詞が来る位置とは、基本的に以下の4つです。
ここにingのかたまりが入り込み、名詞の役割をします。

<Sの位置>
Learning English is important to get a good job.
(英語を学ぶことは、良い仕事を得るために重要です。)
<Cの位置>
My routine is keeping scores of football games.
(私の日課は、サッカーのスコアをつけることです。)

↑①の進行形とは違う用法&意味のため注意。

<Oの位置>
I like watching Hollywood movies.
(私は、ハリウッドの映画を観ることが好きです。)
<前置詞の後ろ>
She is good at riding a skateboard.
(彼女は、スケートボードに乗ることが得意です。)

修飾は副詞で

名詞の役割はしていますが、もともと動詞でもあるため、修飾をする際は「副詞」を使います。

<例>
early getting up 「早く起きること」
gradually raising prices 「徐々に値段を上げること」
etc.

⑥:完全に名詞の単語となったing

⑤のingも名詞として働きましたが、もはや動詞の性質は全く帯びず、名詞そのものとして使われるingの単語も存在します。

例えば以下のようなものです。

・reading 「読書」という名詞
・spending 「費用」という名詞
・warning 「警告」という名詞
・understanding 「理解」という名詞
etc.

このような単語は、動名詞ではなくシンプルに名詞です。

修飾は形容詞で

完全に名詞なので、他の名詞と同じように「形容詞」で修飾します。

<例>
strong warning 「強い警告」
deep understanding 「深い理解」
etc.

以上、ingの主な使い方・用法6つでした!

おわり