役に立たない英語学習blog awareness without action will be useless

第5文型(SVOC)の受動態を得意になる記事【例文+図あり】

文法

SVOCって文構造が複雑だし、受動態になったら余計わからない。
ちゃんと分かるように、整理して理解したい。

今日はこんな疑問に関する内容です。

英語の第5文型(SVOC)は含まれる構成要素が多く、一見大変な印象があるかもしれません。
ですが基本さえ押さえれば、意外にシンプルに受動態にも対応できるようになります。

本記事では、SVOCの能動文を受動に書き換えていく手順を解説します。システマチックに決まったステップを踏んで行きますので、理解もしやすく覚やすいと思います。

自分で文を作れるようになれば、基本的にあまり混乱することはなくなるはずです。
本記事ではそこを目指しましょう。

第5文型(SVOC)の受動態を得意になる記事【例文+図つきで解説】

SVOCもいろんな動詞がありますので、網羅的に以下の8個を例として扱って行きます。

SVOCをとる動詞8個

(1) call O C OがCだと呼ぶ
(2) leave O C OがCのままで置いておく
(3) encourage O [C]to do OがCするよう促す、励ます
(4) ask O [C]to do OがCするよう頼む
(5) regard O as C OがCだと見なす
(6) refer to O as C OがCだと呼ぶ
(7) see O C(知覚V) OがCするのを見る
(8) make O C(使役V) OがCするようにする(OにCさせる)

SVOCをとる動詞一覧【タイプ別・約70個まとめ】より抜粋。

受動態を作るにあたり必要な知識

まず大前提として、

受動文に書き換えられる能動文の動詞は他動詞、つまり後ろに目的語(O)を取るもの

でなければいけません。

つまり、受動文にできるのはSVO, SVOO, SVOC文型のみです。
理由は、「能動文のOが受動文でのSになる」ため、必ずOが必要だからです。

その上で、以下のように書き換えを行っていきます。

能動文→受動文に書き換える3ステップ

  • ①:能動文のO → Sに
  • ②:能動文のV → be + pp(過去分詞) に
  • ③:他の残りの部分はそのままお尻につける
  • (必要に応じて、by …「…によって」の部分をさらに付け加える)

基本的に、上記のステップを踏めば、あらゆる英語の文で受け身の文を作ることが可能です。
では、具体的に(1)〜(8)を使って、受動文を作って行きましょう。

SVOC:受動態文への書き換え

(1) call O C

受動態に書き換える例文は以下。

We call him a walking dictionary.
(私たちは彼を歩く生き字引と呼んでいる。)

では、「能動文→受動文に書き換える3ステップ」に則って見て行きましょう。

ステップ①:能動文のO → Sに

ステップ②:能動文のV → be + ppに

ステップ③:他の残りの部分はそのままお尻につける

できがり!
シンプルにこれだけです。

He is called a walking dictionary.
(彼は歩く生き字引と呼ばれている。)

今回は、元の文のWe(S)を「by us」に変えてつけてはいません。
会話の状況から「by us」の部分は明示しなくてもわかる想定にしています。

ですが、もし「私たちによって!」の部分をあえてしっかり伝えたい文脈であれば、文尾に「by us」をつけてもOKです。

(2) leave O C

例文はこちら。

They left the door unlocked for a long time.
(彼らは、そのドアが長い間ロックされない状態で置いておいた。)

これも同じ手順で行きましょう。

ステップ①:O → Sに

ステップ②:V → be+ppに

ステップ③:残りはそのままお尻に

*残りのCと、その他の修飾句(for a long time)は、丸ごとそのまま降ろしてお尻につけて大丈夫です。

The door was left unlocked for a long time.
(そのドアは、長い間ロックされない状態のままにされた。)

できあがり!

どんどん行きましょう。

(3) encourage O to do

例文はこちら。

Her husband encouraged her to be confident.
(彼女の夫は、彼女が自信を持つよう励ました。)

今回はCが「to do」の形ですが、これも同じ手順は同じです。

ステップ①:O → Sに

ステップ②:V → be+ppに

ステップ③:残りはそのままお尻に

最後に「by her husband」をつけて、

She was encouraged to be confident by her husband.
(彼女は、自信を持つよう彼女の夫に励まされた。)

できあがりです!

(4) ask O to do

ここからは、よければご自身でどうなるかぜひ考えてみてください。

  • 例文でそれぞれS, V, O, Cを特定
  • 能動文→受動文にする3ステップで書き換え

という手順で考えてみましょう。

例文はこちら。

We asked Mr. Lewis to purchase it on the Internet.
(私たちは、Lewisさんにインターネットでそれを購入するよう頼んだ。)

では、どうぞ!



うまく行きましたか?

答え

Mr. Lewis was asked to purchase it on the Internet.
(Lewisさんは、インターネットでそれを購入するのを頼まれた。)

(5) regard O as C

以下も考えてみましょう。

例文

WHO regards the virus problem as serious.
(WHOはそのウィルス問題が深刻だと見なしている。)



答え

最後に「by WHO」を付け加え、

The virus problem is regarded as serious by WHO.
(そのウィルス問題はWHOによって深刻であると見なされている。)

(6) refer to O as C

例文

People refer to Osaka as the second capital in Japan.
(人はよく、大阪を日本の2つ目の首都だと呼ぶ。)



答え

*「refer to」はこれで1つの動詞句です。
<能> refer to → <受> be referred to として扱います。
完成した文は、to とasの前置詞2つが隣り合っていますが、間違いではありません。

Osaka is referred to as the second capital in Japan.
(大阪は日本の2つ目の首都だと呼ばれている。)

(7) see O C(知覚V)

例文

He saw the strange man enter the building by chance.
(彼は偶然その怪しい男が建物に入るのを見た。)



答え

*知覚VのCには、Vの原形、-ing、pp、形容詞、前置詞句が来ることができます。
能動文のCが「Vの原形」のとき、その受動態の文では「to」が入ります。

The strange man was seen *to enter the building by chance.
(その怪しい男は偶然その建物に入るところを見られた。)

なお、能動文のCが他の-ingなどのときは、toをつけるなど特に変化はありません。

[能] He saw the strange man entering the building by chance.
 ↓
[受] The strange man was seen entering the building by chance.

(8) make O C(使役V)

例文

His father made him stay home all day long.
(彼の父親は、彼を一日中家にいさせた。)



答え

He was made *to stay home by his father all day long.
(彼は、彼の父親によって一日中家にいるよう強いられた。)

*toが必要な点については、知覚Vのときと同じ考え方です。

以上です!

上記以外にもいろんなSVOC文でこのような練習をしたり、文法問題も上記のような視点で解いて練習しましょう。

おわり