役に立たない英語学習blog awareness without action will be useless

thatの使い方一覧【早見表的に網羅しています。】

文法

英文中によく出てくるthat。
馴染みのある単語ですが、その使い方は多彩です。

今回はそんなthatについて、簡単な解説や例文とともに、早見表的に一覧でまとめました!

thatの使い方一覧【早見表的まとめ】

thatの使い方について、一覧でまとめると以下のようになります。

  • 1. 指示形容詞のthat
  • 2. 指示代名詞のthat
  • 3. 名詞節をつくるthat
  • 4. 仮主語・仮目的語のitの中身を示すthat
  • 5. 感情の原因・判断の根拠などを指し示すthat
  • 6. 関係詞のthat
  • 7. 同格のthat
  • 8. 強調構文のthat
  • 9. so … that や such … that 構文のthat
  • 10. 数や程度を表す形容詞・副詞を修飾するthat
  • 11. その他、thatを使ったイディオム的表現

それぞれ順番に見て行きましょう。

1. 指示形容詞のthat

まずはもっともシンプルな使い方から行きましょう。
名詞の直前につけて「あの名詞」という使い方ができます。

Look at that ship!
(あの船を見て!)
That package is yours. Take it, please.
(あの小包はあなたのです。持って行ってくださいね。)

2. 指示代名詞のthat

これも最もベーシックなthatの使い方の1つです。
that単体で「代名詞」として使えるthatです。
「あれ」「それ」などの意味になります。

That is my bag.
(あれは私のバッグです。)
I’m sorry for that.
(それについてごめんね。)

3. 名詞節をつくるthat

「節」とは、「SV〜 を1つのかたまりにしたもの」のことです。
thatはこのような節を作ることができ、文中で名詞として使う(つまり名詞節として使う)ことができます。

また「名詞として使う」とは、具体的にはSやOなどの位置にこれるということです。
以下は、Oに来ている例です。

I think that he will win the prize.
(私は、彼がその賞をとると思います。)
S → I
V → think
O → that he will win the prize

もう1つです。

He told her that he would quit the job.
(彼は、彼女に、仕事を辞めることを伝えた。)
S → He
V → told
O → her
O → that he would quit the job

4. 仮主語・仮目的語のitの中身を示すthat

これも名詞節を作るthatです。

that節のような長いものが、文頭Sや、SVOC中のOの位置などにくると文のバランスが悪くなってしまいます。
なので、とりあえず仮でSやOをitで先に言っておき、その中身については後からthat節で説明してやるという用法です。

まずは、仮Sの例です。

It was surprising that the company went bankrupt.
(その会社が倒産したのは、驚きだった。)
S → It
V → was
C → surprising
itの説明 → that the company went bankrupt

今度は仮Oの例です。

She found it false that he visited Tokyo by himself.
(彼女は、彼が一人で東京に行ったことが嘘だとわかった。)
S → She
V → found
O → it
C → false
itの説明 → that he visited Tokyo by himself

5. 感情の原因・判断の根拠などを指し示すthat

なぜそう感じたのか、判断したのかを説明するためにthat節を使うこともできます。

I’m exited that the Olympics will be held in my country.
(オリンピックが日本で開催されるので、私はワクワクしています。)

↑なんでexitedだったのか、that節で説明。

Their performance was amazing that they played music only by hand clapping.
(手を叩くだけで音楽を演奏しており、彼らのパフォーマンスは驚きだった。)

↑なんでamazingと思ったのか、that節で説明。

6. 関係詞のthat

直前の名詞(先行詞)がどんなものかを説明する(修飾する)ために、that節を使うことができます。

関係代名詞のthat

I talked to the old man that was out of breath.
(私は、息切れしていた老人に話しかけた。)

↑先行詞the old manを説明。

The stories that she wrote were all popular.
(彼女が書いた物語はすべて人気だった。)

↑先行詞the storiesを説明。

関係副詞のthat

thatは、関係副詞(where, when, why, howなど)の代わりに使われることもあります。

This is the cafe where/that we met him for the first time.
(ここは、私たちが初めて彼にあったカフェです。)

↑先行詞the cafeを説明。

Nobody knows the reason why/that she quit her job suddenly.
(誰も、彼女が突然仕事を辞めた理由を知らない。)

↑先行詞the reasonを説明。

7. 同格のthat

例えば、fact「事実」、conclusion「結論」、knowledge「知識」、rumour「うわさ」… など、その中身の内容が重要となる名詞があります。

その名詞の直後にthat節をつづけて、具体的な内容を説明することができます。

<例>
・fact that 〜 = 〜という事実
・conclusion that 〜 = 〜という結論
etc.

以下、例文です。

They couldn’t believe the fact that he passed away.
(彼らは、彼が亡くなったという事実を信じられなかった。)
Through the meeting, they reached the conclusion that they should stay in Japan.
(その会議を経て、彼らは、日本に留まるべきという結論に達した。)

8. 強調構文のthat

強調構文(It is … that 〜)という形の中で使われるthatです。
… に強調されるものが来ます。

It is thanks to the teacher that I have passed the entrance exam.
(私が入試に受かったのは、まさにその先生のおかげです。)
It was her funny pesonality that made her a famous talent.
(彼女が有名なタレントになったのは、まさに彼女の面白い人柄が理由です。)

9. so … that や such … that 構文のthat

The running course was so long that I was not able to reach the goal.
(そのランニングコースはとても長かったので、私はゴールに到達できなかった。)
He was such a big sports star that he was often asked to sing autographs everywhere.
(彼は、どこでも度々サインを頼まれるほど、有名なスポーツ選手でした。)

10. 数や程度を表す形容詞・副詞を修飾する副詞のthat

数や程度を表す形容詞・副詞の前におかれ、「それほど..」という意味を表せる副詞のthatです。

Her score was over 90, but his was not that high.
(彼女の点は90以上だったが、彼のはそんなに高くなかった。)
Our market share is not that far behind the company’s.
(私たちの市場シェアは、その会社に、それほど遅れをとっていない。)

11. その他、thatを使ったイディオム的表現

最後に、thatを含んだ慣用的な表現もあります。

in that …「…という点において」

Learning grammar is important in that we can express ourselves correctly.
(文法を学ぶことは、自分のことを正確に表現できるという点で、重要です。)

that is「つまり」

He is one of the top YouTubers. That is, he is rich.
(彼はトップユーチューバーの一人です。つまり、お金持ちです。)

以上です!

おわり