役に立たない英語学習blog awareness without action will be useless

過去分詞の使い方【押さえておきたい5つの用法】

文法

過去分詞ってどんな用法や種類があるかを整理して知りたい。
使われ方の網羅的なまとめがあると嬉しい。

今回はこんな疑問をお持ちの方向けです。

過去分詞(p.p.)は英文に必ずと言っていいほどよく出て来ます。

いつどんな時に過去分詞は使われるのか、どんな種類の用法があるかをしっかり整理し、正確に意味を理解したり、自分で文を作れるようにしていきましょう。

過去分詞の使い方【押さえておきたい5つの用法】

過去分詞の用法は以下の5種類に集約できます。

  • ①:受動態
  • ②:完了形
  • ③:名詞を修飾
  • ④:SVOCのCの位置に来てOを説明
  • ⑤:主節全体を修飾

以下、順番に見て行きます。

なお、前情報として過去分詞には、

  • 受け身(〜される)
  • 完了(〜し終わっている)

の2つの意味合いがあることを押さえておきましょう。
では行きましょう。

①:受動態

be動詞の後ろに来て、「Sが〜される」という受動態の文を作る際に使われます。
なお、この時の過去分詞は「受け身」の意味で使われています。

以下、例文です。

This smart phone is made in China.
(このスマホは、中国で作られている。)
The area was hit by a big storm last week.
(そのエリアは、先週、大きな嵐に襲われた。)

*hitは、原形、過去形、過去分詞形すべてhitです。

②:完了形

haveの後ろに来て、完了の意味を表す際にも過去分詞は使われます。
なお、この時の過去分詞は「完了」の意味で使われます。

<現在完了形>
I have lived in the UK for many years.
(私は、長年イギリスに住んでいます。)
<過去完了形>
Before I arrived at his house, He had already left.
(私が彼の家に着く前に、彼はすでに発っていた。)

③:名詞を修飾

名詞の前もしくは後ろに置いて、その名詞を修飾(どんな名詞かをくわしく説明)します。
つまり、「形容詞」の役割をする過去分詞と言えます。

前から修飾している例

We are looking for an experienced engineer.
(私たちは、経験のあるエンジニアを探しています。)

名詞engineerを修飾しています。
*ここでは「完了」の意味で使われています。
「経験し終えているエンジニア」→「経験のあるエンジニア」という意味になっています。

The exited audience shouted aloud.
(興奮した聴衆は大声で叫んだ。)

名詞audienceを修飾しています。
*上記は「受け身」の意味。
「興奮させられた聴衆」→「興奮した聴衆」という意味になっています。

後ろから修飾している例

These are the messages posted on our Web site yesterday.
(これらは、昨日私たちのウェブサイトに投稿されたメッセージです。)

名詞messagesを修飾しています。
*「受け身」の意味です。

She checked the document submitted by email.
(彼女は、メールで提出された書類をチェックした。)

名詞documentを修飾しています。
*「受け身」の意味です。

④:SVOCのCの位置に来てOを説明

過去分詞は、SVOC(第5文型)のCの位置にも来ることができ、直前のOに対して説明を加えることができます。

文全体の意味としては、「OがCされるのをVする」といった意味合いになります。

例えば以下です。

He had his car repaired yesterday.
S → He
V → had
O → his car
C → repaired

「彼の車(O)が修理される(C)のをhaveした」という意味内容を表します。
そこから「彼は昨日、車を修理してもらった」となります。

I heard the window broken by someone.
S → I
V → heard
O → the window
C → broken

「窓(O)が壊される(C)のをhearした」という意味内容を表します。
そこから「私は、誰かに窓が割られるのを聞いた」となります。

なお、SVOCについて理解が不安な方や、より詳しく知りたい方は以下も合わせて参考ください。
» 参考:第5文型(SVOC):基本的な特徴〜覚え方もわかりやすく解説

⑤:主節全体を修飾

主節の文全体に対し、過去分詞で説明を付け加えることもできます。
文法的には「分詞構文」と呼ばれる用法です。

例えば以下です。

The event started attended by many audience.
(多くの聴衆に出席された状態で、そのイベントはスタートした。)

attend 以下は、主節「The event started」全体に説明を加えているのがポイントです。
主節に対し、どんな状況が並行で起きていたか説明を付け加えています。

Celebrated by everyone, she was very happy.
(みんなに祝われて、彼女はとても幸せだった。)

今回は過去分詞の部分が文頭に来ています。
同じく主節「she was very happy」に対し、どんなことが並行で起きていたか「Celebrated 〜,」で説明を付け加えています。

参考:分詞構文について詳しくはこちらをどうぞ。

以上、過去分詞の主な使い方・用法5つでした!

おわり