役に立たない英語学習blog awareness without action will be useless

文法

「英語の第1文型(SV)の基本的な特徴や使い方を知りたい」今回はこんな疑問に答えます。例文も交えつつ、この構文で表せる意味や動詞の特徴など、知っておくべきことをわかりやすく説明していますので参考ください。 - パート 2

文法

英語の第2文型(SVC)の基本的な特徴や使い方を知りたい。今回はこんな疑問に答えます。例文も交えつつ、この構文で知っておくべきことをわかりやすく説明していますので参考ください。 - パート 2

発音

英語の強弱のリズムってどうなってるの?何かルールはある?と疑問の方向けです。本記事では、英語の強弱リズムをつくるポイントを、3つのルールにまとめて解説しています。リスニングでの聴きやすさ、スピーキングでの理解されやすい発音を身につけて行きたい方にとって、このリズムのルールは必見です。 - パート 2

シャドーイング

シャドーイングって大変で文法とかまで意識できない... 聞いた音を言っていくだけで意味あるの?こんな疑問をお持ちの方向けです。結論、一旦文法は度外視でOK、大事なのは捨てる勇気です。本記事ではその理由について解説します。迷わず前に進めるよう、シャドーイングという練習法について考えましょう。 - パート 2

単語・フレーズ 文法

今回は、独立不定詞についてまとめました。基本的な使い方から、例文つきの一覧までまとめています。会話などでも使える表現なので、ぜひ覚えて行きましょう。 - パート 2

シャドーイング

シャドーイングでは、発音記号も調べながらやった方が良いのでしょうか?発音記号を利用するメリットがある一方で、気にし過ぎて練習効率が落としてしまわないバランス感が大事です。「発音記号とのうまい付き合い方」を知りたい方はご覧ください。 - パート 2

シャドーイング

シャドーイングで、声の大きさを変えて取り組むとどんなメリットがあるのでしょうか?本記事では、通常の声量のシャドーイングと、ささやきでのシャドーイング(マンブリング)のメリットをそれぞれ解説。特に「シャドーイングが難しい..」と感じる方は、声の大きさも工夫すると良いかもしれません。 - パート 2

シャドーイング

シャドーイングは、毎回違う文ではなく、ある程度同じ文章をやり込んでいった方が良いのでしょうか?本記事では、同じ文章に繰り返し取り組むことの重要性や、繰り返す中で陥りやすい問題や疑問点についても解説。マンネリ化を避けつつ、毎回のシャドーイングでしっかりと効果を得ていきたい方は必見です。 - パート 2

文法

第4文型(SVOO)について、基本的な特徴を、例文つきでわかりやすく解説しています。この文型を理解し正しく使えるようになりたい方は必見です。 - パート 2

文法

第4文型(SVOO)をとる動詞を一覧でまとめました。タイプ別で約30個を網羅的に集めています。SVOOの形をとる動詞にはどんなものがあるか、意味と合わせて知りたい方は必見です。 - パート 2