役に立たない英語学習blog awareness without action will be useless

シャドーイングの精度を上げていく方法【5つのステップで解説】

シャドーイング

シャドーイングで、うまく音を聴き取れなかったり言えない所がある。
やっている最中は、意識して修正しようとしてもなかなかできないし…
精度を上げていくにはどうしたらいい?

今日はこんな疑問に答えます。

シャドーイングは「音を聞きながら、同時に発音もして」と難易度の高い練習法です。

ネイティブの細かい音まで自分のものにしていくには、

時間をかけるべきところではしっかり時間をかけ「音を分析」する ⇨ 「段階を踏みながら練習」し少しずつパフォーマンスに組み込めるようにする

という流れをつくることが大切です。

今回は着実にシャドーイングの精度を上げ、成果を上げていくための方法を見ていきましょう。

本記事の内容

  • シャドーイングの精度を上げていく方法【まずは基本方針】
  • シャドーイングで精度を上げていく方法【5つのステップで解説】

なお、ここで言う「精度」について

モデル音の細かい音声まで正確に聴き取りつつ、それを自分の口でもマネして言えること」と定義したいと思います。

これをいろんな英文スクリプトでできるよう目指していきます。
それにより「リスニングでの素早い音声の知覚力」や「スピーキングでのネイティブらしい発音スキル」といったスキルへとつながって行きます。

上記の獲得を目指して頑張っていきましょう。
では行きます。

シャドーイングの精度を上げていく方法【まずは基本方針】

基本的にシャドーイングは、「反復による繰り返し」が土台となります。
しっかり音を聞き、それを自分の口でマネする」ことで、ネイティブの音の感覚に慣れて行きます。

ですが、ある程度繰り返していると、「どうもうまく音を聴けない/言えない」という箇所が出てきます。

こういった箇所については、しっかりテコ入れをし、パフォーマンスの精度を上げていきましょう。
以下の2つを軸に進めると良いと思います。

  • ①:ネイティブの正しい音に気づけるよう「分析する時間」をとる。
  • ②:その音が自分のものになるよう「段階的に練習」していく。

①:ネイティブの正しい音に気づけるよう「分析する時間」をとる。

自分のパフォーマンスを修正するには、「自分と相手は何が違うのか?」というGAPに気づくことが第一歩です。

ただ、ひたすら通しでシャドーイングを繰り返すだけでは、この気づきはどうしても得にくくなります。
シャドーイングでは「聴く」と「言う」ということを同時に行わないとならず、その最中は、遅れずについていくだけでも精一杯になってしまうからです。

何度繰り返しても「うまく聴けない/言えない」という箇所については、少し立ち止まって「ネイティブはどんな音で言っているのか?」をじっくり分析する時間もとりましょう。

  • 英文のどこが聴き取れなかった/言えなかったのか?
  • そこをネイティブはどんな発音で言っているのか?
  • 自分が認識していた英語の音とどう違うのか?

まずはこういった点を分析の上、「聴くべき音/出すべき音」を正しく把握しておくことが大切です。

②:その音が自分のものになるよう「段階的に練習」していく。

正解の音がわかったら、次はそれを「実際にできる」ように練習をしていきます。

ただ、頭で正しい音がわかっていたとしても、いきなりシャドーイングの中でそれを実践するのは、なかなか難しいものです。前述のように、シャドーイング中はさばかないといけない音の情報量が多く、とにかく余裕がなくなってしまうためです。

一旦正確な音を分析したら、本格的なシャドーイングに入る前に「予備練習」を挟むということが大切です。

まずは予備練習で「ある程度、身体でその音に反応できる状態」をつくる → その後本格的なシャドーイングに入ったときにそれをきちんと実践できる → 反復する中で完全に自動化

このように、ステップ・バイ・ステップで少しずつ、しかし着実に、ネイティブの音声を自分のものにしていきましょう。

以下では、それを5つのステップで解説します。

シャドーイングで精度を上げていく方法【5つのステップで解説】

以下の通りです。

  • ステップ1:修正箇所を特定
  • ステップ2:ネイティブがどういう音で言っているか分析
  • ステップ3:部分練習
  • ステップ4:文字スクリプトありで練習
  • ステップ5:文字スクリプトなしで練習

ステップ1〜2が前半で書いた「①音の分析」、ステップ3〜5が「②段階的な練習」の部分にあたります。

なお前提として..

上記ステップを進めていくにあたっては、「うまく聞けない/言えない」箇所が英文全体の1〜2割以下の状態からスタートするようにしましょう。
つまり、概ね聴けて言える(シャドーイングできる)という難易度が高すぎない英文で行なっていきます。

あまりに修正箇所が多すぎると、分析するだけで多くの時間が取られたり、意識すべき箇所が多すぎてシャドーイング自体をうまくこなせなくなるためです。

もちろん、初めて使う英文で、1回目から80%以上の出来でないといけないという訳ではありません。「繰り返し練習したら、だいたいこなせるようになった」という状態で良いと思います。
(そこに到達できない場合は、積極的に難易度を調整しましょう。 » 参考:シャドーイングが難しくてできない【そう感じる時に考えるべきこと】

特にシャドーイングに慣れてないうちは、「練習自体をこなせる」という状態をつくることが大切です。

改善するポイントは絞りつつ「ピンポイントでテコ入れ」していきましょう。

ステップ1:修正箇所を特定

まずは自分がどこができていないのかを特定します。

シャドーイング中、「どうも音が聴き取れない、雑音にしか聞こえない、それに伴って自分でもうまく発音できない」といったところがそれにあたります。

そういった英文箇所をピックアップしましょう。

自分の「録音ボイス」を聴いてみるのも便利です。

前述の通り、シャドーイング中は「こなすこと」だけで精一杯になりがちです。
実はミスを犯していても、それに気づきにくいかもしれません。

多くのスマホには、録音機能などもついていると思いますので、ぜひ有効活用しましょう。

  • ▽ 自分のシャドーイングボイスを録音
  • ▽ それを聴いてみる
  • ▽ 文字スクリプトを使い、言えていなかった箇所に下線を引く

このように、シャドーイング中「音声処理をし切れていない箇所」を可視化します。

ステップ2:ネイティブの音の分析

ターゲットが定まったら、次は「なぜうまくできなかったのか?」という原因を分析していきます。

基本的に、うまくシャドーイングがこなせなかった箇所は「実際のネイティブの音声 ⇆ 自分が覚えている英語の音声」の間にGAPがあることが原因として考えられます。

このようなズレが大きいほど、「聴いた音をすぐに知覚する」ということが困難になってしまいます(門田, 2015)。

文字スクリプトも参照しながら、正しい発音をチェック・覚え直していきましょう。
以下、いくつか例を見てみましょう。

分析の視点(1):1単語内での発音について

単語の発音を間違えて覚えてしまっている、ということはないでしょうか?

  • labell:カタカナの感覚で「ラベル」のように覚えてしまっている ⇨ 実際の音は/léɪbl/で「レイボゥ」に近いです。
  • about:語頭aをカタカナの「ア」で認識してしまっている ⇨ 実際は/ə/でかなり曖昧にボソッと発音、全体は「ゥバウト」のような音になります。

このような差があると、とっさに音を聞いても「labell」や「about」のことだと認識できない場合があります。

辞書で発音記号なども確認し、正しい発音を理解するようにしましょう。
なお、もし発音記号に詳しくない場合でも、最近は1タップで発音を聞ける辞書もあります(例:Weblio)。

分析の視点(2):文単位での発音について

上記のように1単語内で済むなら話は単純なのですが、実際はそれより広い範囲「文単位」での英語の音の特徴をつかんでおく必要があります。

そしておそらく、シャドーイング中うまくこなせなくなる箇所は、これが関係している場合が多いと思います。
具体的には以下の2つです。

  • 音声変化
  • 英語の強弱リズム

音声変化について

基本的に発話は、単語の「つらなり」によって行われます。
その中で流暢にしゃべれるよう、人はできるだけ効率的に口を動かしながら発音します。
結果「1単語ずつ発音した場合とは違った音」が生じ、これを「音声変化」と言います。

例えば以下のようなものです。

  • take it easy:「ティク イト イーズィ」ではなく「ティキティーズィ」のように各語を連結して発音
  • a couple of:「ア カップル オブ」ではなく、「ゥカプラ」のように連結&あるべき音が消えたりして発音

英語の強弱リズムについて

音声変化と密接に関係しているのが「英語のリズム」です。

これについては、大まかに以下のような決まりがあります。

  • 前置詞・冠詞・接続詞・代名詞など → ストレスは置かずかなり「短く弱くボソッと」発音
  • 動詞・名詞・形容詞・副詞など → ストレスを置き「強くたっぷり」発音(かつ、各ストレス〜ストレス間は「等間隔」になる傾向がある)

このような点は、「1文字ずつ、均等な強さ、等間隔で発音していく」ことが基本の日本語とは対照的です。

これをシャドーイングにそのまま持ち込んでしまうと、

・英文のペースについていけない
・特にストレスを置かない弱い語をうまくキャッチできない
・いかにも日本人ぽい一本調子なリズムになってしまう
etc.

といったことにも、繋がりやすくなってしまいます。

パターンを知り、音を分析しましょう。

上記のような点は、ただ繰り返し練習しているだけでは、なかなか気づきにくい部分です。

ですが、音声変化やリズムには一定のパターンがあります。

どんな時に、どういった英語音になるのか、そういった知識を使いつつ分析し、正しい音を特定していきましょう。以下を参考ください。

ステップ3:部分練習

ここまでで正しい音が確認できました。
次はその音を自分のスキルに変えるための「練習」に移ります。

ただ前半でも述べたように、いきなりシャドーイングでそれを反映するのは大変です。
まずは、ターゲットの部分だけに絞って練習しましょう。

  • モデル音も聴きステップ2で分析した通りの音になっているかをチェック(文字スクリプトも見てOK)
  • それを自分の口でもマネして言ってみる

このように部分練習を繰り返します。

「自分の発している音が、モデル音源のネイティブとそっくりになる」ようチェックしながら進めましょう。

まずはこの段階で「聞こえてくる音 ⇆ 自分の発音」が完全に一致するよう目指します。

ステップ4:文字スクリプトありで練習

ある程度慣れてきたら、今度は文全体を通しで練習していきます。

ただ、まだいきなり音だけでシャドーイングをこなしていくのは難しいかもしれません。
まずは文字スクリプトの視覚補助も使いながら練習していきましょう。

オーバーラッピングでピッタリ言えるよう練習

シャドーイングは少しモデル音に遅らせて言いますが、「モデル音にピッタリ合わせて発音していくオーバーラッピング」も効果的です。

オーバーラッピングは、文字を見つつ、モデル音にピッタリ被せて同時に言っていきます。
そのため、どちらかと言うと「読む」という面が色濃い練習ですが、ステップ2で確認した音を、モデル音のネイティブと同じ通りに発音できているかを判別しやすくなります。

まずは、モデル音と自分の発音がピッタリ合っているか確認し、ズレが生じるようでしたら自分の発音を修正していきましょう。

繰り返し取り組み、ある程度「無意識的に」その音が出せるまで、自動化していきましょう。

文字ありのシャドーイングへ

今度は一段階上げて、文字ありのシャドーイングです。

基本的には、「文字を読む」よりも「音を聴く、それを出す」ことを意識しましょう。
ただ、特に課題の箇所については、はじめは文字を確認しながら行ってもOKです。

繰り返し慣れてきたら、さらに音の方に意識を向けるようにし、基本的にはほとんど文字を見なくてもシャドーイングできる状態に持って行きましょう。

ステップ5:文字スクリプトなしで練習

最後は音だけをベースに行うシャドーイングに入ります。

流れてくる音にしっかりと耳を傾け、修正箇所の音を耳で拾いながら、それを自分の口でもマネして行きましょう。

マンブリングも有効です。

なおこのとき、ぶつぶつと呟きでシャドーイングを行う「マンブリング」から入るのも手です。
つまり、「①音を聴く → ②それをマネして言う」という行為の、まずは①だけに集中するということです。

これにより、①音を聴く、つまり「音声知覚」の方にしっかりと注意を向け、取り組みやすくなります。
多少自分の出す音は不正確でも良いので、まずは「今回の修正箇所の音をしっかりと聴けている感覚」を掴めるよにしましょう。
» 参考:シャドーイングの声の大きさの使い分け【マンブリングのススメ】

「①音を聴く」に慣れたら、徐々にしっかりと口も動かして行き「②マネして言う」こともできるようにしていきましょう。

あとは「反復」で自動化をドンドン進めて行きましょう。

特に今回修正を必要とした箇所については、まだ注意して耳を向ける必要があったり、シャドーイング中少し遅れてしまったり、うまく言えなかったりすることもあると思います。

ただはじめはそれでまったく大丈夫です。

  • ▽ しっかり注意すれば、該当の箇所をマネして言える(ただまだ成功率は低い)
  • ▽ その状態で何度も反復して練習(徐々に成功率も上がってくる)
  • ▽ 結果、特に注意しなくても、無意識的にそこをマネして言える

上記の通りです。

繰り返す中で、少しずつスムーズにできるようにしていき、最終的にはパッと、頭が勝手にその音を処理できるくらいを目指していきましょう。

さいごに:その他いくつかポイントも含め

以上「シャドーイングの精度を上げる5つのステップ」についてでした。

  • ステップ1:修正箇所を特定
  • ステップ2:ネイティブがどういう音で言っているか分析
  • ステップ3:部分練習
  • ステップ4:文字スクリプトありで練習
  • ステップ5:文字スクリプトなしで練習

上記の通りです。

ステップの順について

なお各ステップについては、常に1→2→3→4→5にこだわる必要はありません。

まだ十分慣れていないと思ったら前のステップに戻って練習したり、シャドーイング練習自体にかなり慣れてきたら、途中のステップをスキップしても良いと思います。

難易度も自分に合うよう調整しましょう

また、特にステップの4,5あたりで、「これは難しいな..できない..」となってしまった場合は、積極的に難易度の調整をするようにしましょう。

馴染みのない発音は、どうしても処理に時間がかかってしまい、認識できずスルーしてしまうなどということになってしまいがちです。

特にはじめは、モデル音のスピードを遅くするなど調整を行なってOKです。
まずは、シャドーイング中、正しい音を頭で処理できている状態をつくれるようにしましょう。
(難易度の調整法について詳しくはこちらも参考ください。» シャドーイングが難しくてできない【そう感じる時に考えるべきこと】

以上、シャドーイングは難しい練習ですが、段階的に取り組めばかなり練習しやすくなると思います。
よければ練習時の参考にされてみてください。

おわり


ーーー
【参考文献】
門田修平. 2015. 『シャドーイング・音読と英語コミュニケーションの科学』 東京:コスモピア.